インプラントを活用した歯科クリニックの頼るべき力

他の歯への影響

独立した構造

インプラントの特徴として、他の歯に依存しない独立した構造を取るところはブリッジや部分入れ歯と違った利点です。
インプラントを利用した場合、天然歯と同じように歯根に相当する機構があり、歯根が義歯を支える形になっていることで独立した技師を手に入れることができます。
フィクスチャーと呼ばれる歯根部分を埋入して、義歯部分をフィクスチャーと結合することによって一本の技師を完成させられる点は、ブリッジや部分入れ歯には真似することができない特徴です。

他の手法の問題

インプラントに比べて部分入れ歯やブリッジが劣る点は、何よりも既存の天然歯に負担をかけてしまうことだといえます。
ブリッジの場合は患部の両隣に存在する天然歯を削って高さを調整して、その両隣の歯に被せ物をする形で施術を行います。歯の構造上表面のエナメル質が削られると、虫歯になりやすいという問題が発生します。また、削った部分は再生することはありません。
つまり、ブリッジという手法は残った歯の寿命を削って新たな義歯を埋め込む方法だといえます。
また、部分入れ歯の場合は既存の歯に金属のフックによって接合する形で技師を装着するため、天然歯が想定していない方向に力がかかるのが問題です。
咀嚼によって発生する建ての力には強いものの、横向きにかかってくる力には弱いのが天然歯の特徴です。つまり、部分入れ歯を装着するために横からフックを引っ掛ける行為は、天然歯にとってダメージを生む要素です。
インプラントはこのような他者依存ではなく、フィクスチャーによって自立できることから、天然歯を守ることにもつながる手法です。
将来的な目で見た時、インプラントは間違いなく幸せを生み出してくれます。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013