インプラントを活用した歯科クリニックの頼るべき力

一般的な流れ

最初は診察

インプラントを埋入したいと考えた時に、医師にいきなり相談を持ちかけてその場で施術を受けられる、というものではありません。
歯科治療の流れの中で検討した場合はもちろん、そういった手法の一環として抜歯を行うと同時にフィクスチャー(歯根部)の埋入を行うこともできます。
ですが、一般的な流れとして考えた時にはそういった流れは特殊で、基本的な流れにおいて最初は診察を受けることが必要だということは変わりません。
診察の中で、インプラントを埋入することができる口内環境にあるかどうか、虫歯や歯周病の有無を確認することを始めとした各種検診を行います。
インプラントの成功と失敗はまず口内環境によって左右されるため、この検診を欠かすことはできません。
また、検診の時にカウンセリングを受けることができるところもあるため、きちんと事前に納得行くまでカウンセリングを行って、これから自分が受ける施術について理解することも大切です。

施術方法の確定

インプラントを施術するときには一回法と二回法という二通りの方法があります。
文字通り、インプラント埋入のための手術を一回で終わらせるのか、二回で終わらせるのか、というところにこれらの方法の違いがあります。
実際にはカウンセリングにおいてどちらにするのか決定していき、施術を受ける本人の希望と実際の口内環境からどうするかが判断されていきます。

定着したら義歯を作成

インプラントの土台となるフィクスチャーを埋入してからは、およそ3ヶ月から半年程度の期間でフィクスチャーと顎の骨が同一化するといわれています。
咀嚼力を発揮するためにも、施術が成功するためにも、この同一化は非常に重要です。医師の指導をよく覚えて、日々の生活習慣とメンテナンスによってフィクスチャーを正しく定着させることが欠かせません。
それ以降は、仮の歯を装着しつつ義歯の作成にあたって、義歯が完成すれば晴れてインプラント埋入手術の成功を収めることができます。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013