インプラントを活用した歯科クリニックの頼るべき力

禁煙は必須

まさに害悪でしかない

喫煙習慣は嗜好品として男女ともにまだまだ欠かすことができないものとして浸透していますが、殊更インプラント埋入手術においては害悪でしかないことには意識を向ける必要があります。
インプラントに限らず、とくに外科的な施術を行う際には禁煙が医師から指示されるため、それを破らないようにすることが大切です。
インプラントや外科的手術を行う治療において喫煙習慣はまさに害悪でしかないといわれる理由は、まず術を受けたあとに求められる施術箇所の傷が治りにくくなることが挙げられます。
手術を行うということは切開を伴うことで、その切開を行ったあとの予後は本人の自然治癒力に任せるしかありません。ここで喫煙を行うと、毛細血管を始めとして全身の血流が悪くなります。
血流が悪くなるということは傷の治りが悪くなるということでもあるため、切開を伴うインプラント手術では当然フィクスチャーの埋入部分がいつまでも安定せずに、インプラント埋入失敗に終わることが懸念されます。

感染症のリスク

インプラントを埋入した場所の傷が喫煙によってなかなか治らないことは大きな問題ですが、同時に喫煙によって起こる問題に免疫力の低下が挙げられます。
喫煙によってビタミン成分が破壊される結果、身体の抵抗力が落ちます。同時に、血流が悪くなっていることも抵抗力の低下を加速させます。
その結果、インプラント手術を施した部位から感染症にかかるリスクが高まります。
そういった観点から見ても、インプラント手術を行うときには禁煙を何としても貫くことが欠かせません。
これを期に卒煙する、という意気込みで施術に望むほうが適切です。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013